船橋にある炉端とイタリアンのコラボレストラン、イタパン船橋店

店名:イタパン船橋店
住所:千葉県船橋市本町1-32-15
電話:047-426-1970

イタパンはイタリアンだけではなく、和の料理も味わえるという食道楽にはたまらないお店です。

店内は、レトロ感が漂うオシャレな空間になっており、席はカウンター席からカップルシート、個室席、テラス席など、多機能な用途に利用できます。

イタパンおすすめランチメニューを紹介します。

・前菜3種盛ランチ:1,160円
前菜3品の盛合せの他、お好みのパスタ(またはピッツァ)が選べ、ドリンクバーも付いてきます。
食後にはスイーツが添えられます。

・ドルチェランチ:1,320円
前菜3種盛ランチにひとくちドルチェが付きます。

・お手軽サラダランチ:1,000円
前菜3品がフレッシュサラダに変わります。

・窯焼き本格ピッツァ:840円
30センチの本格的なナポリピッツァはオーダーの後、500度の窯で一枚一枚丁寧に焼き上げられます。
生地がふっくらしており、香ばしさが味を引き立てます。

・チーズフォンデュコース
2時間飲み放題付:4,500円、料理のみ:3,000円
野菜たっぷりの6種の具材で、チーズフォンデュを堪能できます。
その他、漁師の手作りをイメージた魚料理や、自慢のピッツァorパスタなど、全8品を味わえます。

札幌かに本家 豊田城店、豊田市にある史跡にような本格的なかに料理店

愛知県豊田市の国道248号線沿いのイオンスタイル豊田店北隣に、高くそびえる大きな古城の建物が見えます。

一見史跡の観光スポットのように見えますが、実はここ本格的な色んなかに料理が楽しめる「札幌かに本家豊田城店」となっているんです!
札幌かに本家に入店してみると、そこは兜や甲冑などといった歴史ものの装備品が展示されている豪華天守閣の空間が待っています。

看板メニューのズワイかにすき(税込4800円)、本タラバかにすき(5400円)は是非食べて頂きたいメニューです。
秘伝の出汁で味わうかにすきはかにの持ち味と野菜の美味しさが調和した上品な一品です。

ズワイかに姿ゆで(税込5000~)も看板メニューとなっており今なら4~8月限定で提供されている北海道ものが食べられますよ!
ズワイかに本来の旨味が凝縮されてますし添えられたレモンの汁を垂らして頂くと酸味がいいアクセントになって相性抜群です。

札幌かに本家の店員さんの接客態度はとても丁寧な対応ですし、座席の横にちょっとした庭園の空間があり風情を感じながら食事をすることができます。
そしてこのお店にはテイクアウトメニューもあります。

札幌かに本家のテイクアウトのおすすめは上かににぎり(税込2000円)で本タラバのみのかにみそ軍艦と細巻がたくさん詰まった商品です。
テイクアウトメニューも種類は充実していますし、立派な包装紙で包んでくれますので家族や友人へのお土産にもいいですよ。

豊田市でかに料理をたべるなら、個性豊かな外装の札幌かに本家で贅沢な時間を過ごされてはいかがでしょうか。

店名:札幌かに本家 豊田城店
住所:〒471-0869 愛知県豊田市十塚町4丁目20
電話:0565-31-3456

佐久市、ソロ ピッツァ ジンガラにて絶景と共にイタリアン

店名:ソロ ピッツァ ジンガラ
住所:長野県佐久市長土呂1243-1
電話:0267-78-5401

佐久市のイタリアンといえば、こちらのジンガラが頭に浮かびます。
軽井沢へ観光へ来た方々もジンガラに足を運ぶ人も多いようです。

ジンガラおすすめとしては、まさにピザなのですが、店内にピザ窯があり店主が目の前で手を振るっているので待ち時間も楽しめます。

トマトベースのマリナーラというピザが600円からオーダーできるのですが、どのピザも美味しくてコストパフォーマンスと店内の豪華さのギャップに驚きます。

高価なピザでも1700円ほどで、高級ホテルのディナーを食べている感覚になりますのでぜひ、景観から楽しんで頂きたいです。

ジンガラ店内はガラス張りで目の前に佐久平の自然を展望できます。
ピザと景色を同時に楽しめましてデートなどにもおすすめです。

スタッフは店主を中心としたパートの女性の方々がサービス提供をしております。
女性ならでは、細かい所まで気付いてくださります。

近くにお子様連れのお客様が座っていたのですが、お子様とお話しされていたり、何かが溢れてた際にも直ぐにさりげなく対応されてる姿が印象に残っています。

ジンガラはイタリアンなので、ピザのみならずパスタなども個別で頼んで色々なイタリアンの味を楽しむとお腹いっぱいで幸せになります。

五反田にある一風堂の皮に特徴があるおすすめの餃子メニュー

店名:一風堂 五反田東口店
住所:東京都品川区東五反田1-14-14北原ビル2F
電話:03-6447-7935

一風堂と言えば、ラーメンを食べるお店ではあるわけですが、サイドメニューの方に目を向けると、結構食欲をそそるメニューがあるのです。
その中の1つが博多ひとくち餃子で、ラーメンと餃子は同じ中華料理なのでかなり合いますし、一風堂の餃子に関しては皮に特徴がある気がします。

餃子の中の具材よりも皮に印象が残りやすいのですが、それは具材と同じくらいに皮が個人的には好みに感じられるからです。
餃子の皮が中に入っている具材の1つのような感覚に思えてくるのです。

一風堂の博多ひとくち餃子の皮に関してはパリパリな感じというよりは、やや水分を含んでいるような部分が特徴です。
でも、焦げ目の部分は非常に香ばしいので、食感は新鮮な感じがしますけど、餃子らしい魅力もちゃんと持っているような状況と言えます。

結構ボリューム感があり、この博多ひとくち餃子だけでも結構お腹いっぱいになってくる気はします。
だから、食が細い人に関してはラーメンなどと一緒に注文すると全部食べ切れない可能性があります。
一風堂の味はおすすめできますが、そういう注意点もあるので覚えておくと良いです。

燻、北千住にあるアットホーム一人でも行ける居酒屋

店名:燻
住所:東京都足立区千住1-39-10
電話:不明

燻は、お店自体はとても小さいお店ですが、とてもアットホームなお店で店員さんと絡みたい人や行きつけのお店を探しているという人におすすめなお店です。

女の子ひとりでもよく来ている人も多く、すぐ店員さんと仲良くなれるのでひとりでも寂しくなく楽しく飲むことができます。

燻おすすめはおでんの汁で割ったお酒がおすすめです!
なかなか飲めないお酒ですしダシがきいていてとてもおいしくとくに冬の寒い時に是非飲んで頂きたいお酒です。

そして、もちろんおでんもおいしいので是非一度食べてみてください。

気になるのが価格だと思いますが、燻はとても良心的な価格設定となっていて、二人でだいたい5,000円前後でしっかり食べたり飲んだりできるお店です。

また、若い女性ですと北千住という土地柄、地元のおじ様たちがたまに1杯奢ってくれることもあるようなお店となっていて、本当にお客さん同士も近い距離間となっています。

燻の店員さんたちも地元の人たちばかりなので、その関係で接客もアットホームかつ店員さんとお客さんの距離も近く、お客さん同士の距離も近いお店になっているではないでしょうか。

もしひとりでしっぽり飲みたい人には少し向いていないかもしれませんが、燻は楽しく飲みたいという人にはおすすめのお店です。

うま屋ラーメン 中川店、愛知県名古屋市にあるラーメン・チャーハン・唐揚げ・餃子の店

わたしが紹介する店舗は、うま屋ラーメン中川店です。

店名:うま屋ラーメン 中川店
住所:愛知県名古屋市中川区中島新町4丁目-15134
電話:0523893444

名前の通りラーメン屋です。

うま屋ラーメンのメニューは、ラーメンとチャーハンと唐揚げと餃子というシンプルなメニューになっています。
その他におつまみ等もありますがどのメニューもとても美味しいです。

特製ラーメンという名前のラーメンが基本となり、1種類のみのラーメンの味となっています。
お好みでニラカラシをトッピングしたり、九条ネギを追加で頼めたりと自分好みにカスタマイズすることができるところが魅力だと思います。

そして名物チャーハンに関しては、素早い手際であっという間に美味しいチャーハンが出来上がる工程とチャーハンの味が素晴らしく、もちろん味も美味しいです。
また、全体的に設定されている価格もとてもリーズナブルであり、ボリュームもあるので満足いくメニューだと思います。

うま屋ラーメンの接客に関しては、店主の方をはじめとして皆んな元気な接客であり見ていてとても気持ちが良いと思います。
アルバイトの方の接客も言葉遣いや気遣いなどが行き届いている印象であり気持ちよく店舗を利用できるなと感じました。

川崎市の鷺沼にある濱辰家の辛さがちょうどいい味噌ラーメン

店名:濱辰家
住所:神奈川県川崎市宮前区鷺沼3-1-38
電話:044-888-1211

神奈川県川崎市の鷺沼にある濱辰家というお店では、王道的なラーメンのメニューが並んでいる中で、一風変わったものがあります。
それは激辛味噌ラーメンで、こちらは濱辰家の中でも割と高い方に該当するメニューです。

そして、激辛となっているので、そこがどうしても気になって注文をしてしまった感じなのです。
私は辛い料理が割と好きなので、激辛ってどれくらいなんだろう?という、好奇心が注文した理由と言えます。

しかし、濱辰家の激辛味噌ラーメンを実際に注文してみると、見た目は激辛という雰囲気はあまりないです。
やはりスープの色が赤くない、普通の味噌ラーメンにしか見えなかったのです。

ただ、食べてみるとなるほどといった感じで、徐々に辛さが染みてくる感じでした。
でも、激辛と謳っているほどには感じませんでしたし、むしろ個人的にはちょうどいい辛さに感じました。

だから、激辛という言葉からすると拍子抜けみたいな感覚はありましたが、辛さがちょうどよかったので、普通に美味しかったという感想も残ったのです。
見た目でそんなに辛そうに見えなかったので、味は見た目のイメージ通りという感じです。

濱辰家は本当の激辛を求めているには向いていませんけど、多少なりとも辛いラーメンが好きな人にとっては、恐らく気に入るでしょう。
味噌の味もちゃんと生かされている、加減が適度と言える辛さを味わえる万人受けしやすいラーメンだと思いました。