竹の家、八王子駅徒歩3分にある玉ねぎ入りの八王子ラーメンとは一線を引く店

店名:ラーメン専門店 竹の家
住所:東京都八王子市中町4-2
電話:042-642-5450

八王子ラーメンといえば、醤油ベースの汁にうっすら油が浮かび、刻み玉ねぎが盛り付けられています。
しかしながらこの竹の家のラーメンは煮干し出汁の醤油ベースに中太のちぢれ麺を使用した昔ながらの中華そばです。

竹の家は、ラーメン専門店とあってメニューはラーメンのみ。
一番人気はチャーシューめん880円
8枚程度のチャーシューがのっておりかなりお得です。

竹の家おすすめのラーメンは、かけラーメンの大盛り500円
かけラーメンといってもネギとミニではありますが海苔がトッピングされています。

大盛りのボリュームも抜群です。
竹の家の煮干しの出汁を味わうならこのかけラーメンが一番のおすすめです。

価格は400円~900円程度。
ラーメンとしては普通のお値段。

竹の家の店内は、カウンターと奥にテーブルが何個かあり。
入り口で食券(メニューによってプラスチックの札があります)を渡された席に着くと、5分もせずに運ばれてきます。

昼時は近隣のサラリーマンで埋め尽くされますが、回転もいいのですぐに入れます。
店員は厨房以外はほぼ女性の方で、ピンクのユニフォームがラーメン屋とは思えない異空間を醸し出しています。

竹の家は、アットホームな雰囲気のお店です。

らー麺土俵 鶴嶺峰、京急鶴見の元力士が作る超濃厚な和風つけ麺

店名:らー麺土俵 鶴嶺峰
住所:横浜市鶴見区鶴見中央4-25-6
電話:045-504-2207

鶴嶺峰は、私が大好きなつけ麺ナンバー1のお店です。
ラーメンもつけ麺もありますが、私の一押しは「鶴嶺峰つけ麺 750円」です。

ゆで時間が極太麺のために時間がかかるものの、超極太つけ麺がゆであがると、麺が丁寧に盛り付けられており、その上には、なんとホウレンソウのゴマ和えがトッピングでついております。

スープは超濃厚魚介と豚骨のスープ。
本当に極太麺にからみ合ってスープを食べている感覚です。

また、スープの上にはきれいに三つ葉が一枚のせられ、トッピングにはもち巾着なんかもあります。
また、豚肉のこまぎれがスープの中に入っており、それを食べつつ、ホウレンソウのゴマ和えをスープにひたひたにつけて食べるのもまた一つの楽しみ方です。

わしわしと麺をずるずるとスープごとすすり、ガシガシと噛み砕きながら食べる、鶴嶺峰のつけ麺は本当に食べごたえがあり、一度食べただけで中毒症状を引き起こすとんでもないつけ麺です。

鶴嶺峰は並盛で「幕内」250g。
女性用には「十両」150g。
もっと食べたいかたには、大盛り「小結」350g。
さらに、「関脇」450g。
「大関」600g。
「横綱」700g。

など私たちのニーズに応じてたくさん食べることもできます。
私は、いつも幕内か小結ですが、小結を食べた後は、何もできなくなってしまうくらいの満足感が得られます。

虎ぼるた、岡山県岡山市北区田中にある汁なし担々麺のお店

無性に辛いラーメンが食べたくて、友人の行きつけの汁なし担々麺のお店、虎ぼるたに行きました。
虎ぼるた店内は広く、食券機で食券を購入して席に着くと、店員さんがすぐにお水を運んできてくれます。

子連れで行ったのですが、子供用のイスと食器を用意してくれました。
虎ぼるたは、料理が来るのが早く、あまり待たずに料理が運ばれて来たので子供達がグズらずに済みました。
子供は辛くない汁なし担々麺と唐揚げとごはん、大人は汁なし担々麺を食べました。

虎ぼるたの汁なし担々麺は、麺がモチモチしていて、よく混ぜて食べるとミンチ肉とネギがモチモチの麺に絡んで癖になるほどよい辛さで、ボリュームがあまり多くないがいくらでも食べれるぐらい美味しく大盛りにすればよかったなと後悔するぐらいです。

美味しくて夢中で食べてしまったので、テーブルに置いてあった山椒やラー油を入れずに食べきってしまい、もう少し辛さが欲しかった私は少し後悔しました。
子供達が残すかなと思い汁なし担々麺のみ注文したのですが、子供達も美味しかったのとそんなにボリュームがなかったので、ペロッと食べてしまい大人はなんだかもの足りませんでした。

店名:備前汁なし担担麺 虎ぼるた
住所:岡山県岡山市北区田中111-107
電話:050-5590-1022

とりそば若松、新御徒町駅そばで料理も店員さんも素敵です。

店名:とりそば若松
住所:東京都台東区元浅草1-4-4
電話: 03-3842-6400

とりそば若松は、新御徒町より歩いてすぐのところにあるお店です。
入口のこじんまりとしたイメージとは裏腹に、とりそば若松の店内はカウンターやテーブル席、大人数にも対応出来そうな半個室もありました。

とりそば若松のメニューは鶏料理を中心にヘルシーな和食があり、女性にはとてもありがたい限りです。
そして何より嬉しいのが、メニューによってはハーフサイズを選べること。
少人数でも色々な種類を食べることができます。

唐揚げやシュウマイ、サラダなどを注文しましたが、文句なしの美味しさ!盛り付け方も凝っており、目でも料理を楽しめます。
とりそば若松の一番のおすすめはなんといってもとりそば!
これは衝撃でした。

今までで食べたとりそばで一番美味しかったと断言します!
あっさりだけど複雑な味のスープで、上手く言葉では表現できませんがとにかく美味しい。
にんにくと胡椒で味をアレンジできますが、これがまたガラッと印象が変わって驚きました。

料理も素晴らしいのですが、何よりもとりそば若松のスタッフの女性と店主の方のお人柄が本当に素敵です。
こちらに色々と気を使って下さり、気持ちよく食事をすることが出来ました。
すっかり、とりそば若松のファンになってしまいました。

どんどん庵 丸の内店、名古屋丸の内にある昼はうどんや夜は飲み屋

名古屋丸の内駅の近くにあるどんどん庵は、サガミチェーンの店舗です。
どんどん案丸の内店は昼はうどん屋で夜は飲み屋になります。

うどんは安く済むため、サラリーマンの味方ですが、夜の飲み屋でも安く済みます。
名古屋丸の内に立ち寄った際は、どんどん庵に是非とも立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

どんどん庵おすすめの料理は、〆のカレーできしめんになります。
うどん屋であるため、麺類の種類がとても多いですが、カレーきしめんは絶品です。

特に名古屋は「きしめん」で有名なため、出張で来たサラリーマンには是非とも食べていただきたい商品になります。
東京や大阪から出張で名古屋の丸の内に来た場合、名古屋駅で夕飯を食べて新幹線で帰るというのが定番かもしれませんが、どんどん庵でいっぱいひっかけて帰るというのはどうでしょうか?

どんどん庵はカウンター席があるため、1人でも気軽に利用でき、女性のおひとりさまもよく見かけます。
うどん屋ということで1人で飲んでいてもおかしくなく、気軽に利用できる店舗になります。
名古屋丸の内のどんどん庵の店舗情報は次の通りです。

店名:どんどん庵 丸の内店
住所:名古屋市中区丸の内2丁目17-10(丸和ビル1階)
電話:052-201-6757
予算:1000~2000円

小嶋屋総本店、新潟県長岡市にある蕎麦屋

新潟県長岡市にある小嶋屋総本店は、そばがとってもおいしいから、そば好きの方におすすめです。
フノリ(海藻)なつなぎを使用しているそばは、ツルツルした食感とほどよいはごたえがあり本当においしいです。
小嶋屋総本店の店内は、和風っぽい雰囲気で店員さんの接客も丁寧で本当に癒やされます。

おすすめメニューは、へぎそばミニ丼セットです。
ミニ野菜天丼かミニネギトロ丼かミニ鶏そぼろ丼が選べてへぎそばとセットで1286円とお得です。

他にも、天へぎや、えび天ぷらそば、山かけそばなどがおいしくておすすめです。
価格帯は、1000円~2000円ぐらいで、少し高いですが本当に高級感のあるおいしいそばが食べられます。

そば好きの方には、本当に小嶋屋総本店のへぎそばを食べてみてほしいです。
本当においしいし、食べた後にでてくる、そば湯もめんつゆに混ぜて飲むと、本当においしいです。

デザートも和風のそば団子や、そばアイスがあるから、食後に甘いものを食べてゆっくりするのもおすすめです。
和の雰囲気を味わいながらおいしいそばを食べられるから、本当に癒やされます。

そばは、健康にもよいし、あっさりしているから、年配の方にもおすすめです。
ぜひ小嶋屋総本店のそばを食べて見て下さい。

店名:小嶋屋総本店 
住所:新潟県長岡市喜多町749番地
電話:0258-25-9338

らーめん志士、戸畑で塩・しょうゆラーメンにこだわり続ける名店

福岡は何といってもラーメンは豚骨ラーメンが圧倒的シェアを占めているのですが、その中にあって敢えて塩ラーメンとしょうゆラーメンで勝負し続けるお店があります。
地元の九州工大の学生も多い通りにたたずむ「らーめん志士」がそのお店になります。

らーめん志士のメニューはいたってシンプルで、しょうゆの「黒」、塩の「白」、ピリ辛の「赤」になります。
珍しいのが、具材はネギのみの「かけラーメン」があることでしょうか。(各500円)
それだけラーメンの味に自信があるということなのかもしれません。

ラーメンはどれも繊細に作りこまれたさっぱり風味で、あっという間に完食してしまう味です。
スタンダードな、醤油ラーメン、塩ラーメンは各600円。
ピリ辛ラーメンのみ650円となっています。
50円程度プラスすると味玉つきになり、味玉とチャーシュー付きでも最大830円と価格設定もリーズナブルです。

最近、らーめん志士のまかないで出していた裏メニューのカレーラーメンも本格的に提供を始めました。
700円となっていますが、相当に作りこまれたカレーとスープが絶妙のバランスで、これも学生を中心に人気メニューになっています。
豚骨一強の街で独自路線で戦い続ける、らーめん志士に今後も注目ですね。

店名:らーめん志士
住所:北九州市戸畑区中原西2-3-26
電話:080-6405-7030