ネット自動車保険を契約する理由は安いから!

自動車保険にはネット通販型と呼ばれる契約のタイプがあり、こちらは損保の会社と自分が直接契約を結ぶタイプになります。
直接契約しないものは、代理店型といって、間に別の会社が入ってくれて、そこが契約に関して協力してくれます。
補償の内容とかに関しても細かい部分まで対応してくれるので、便利といえば便利です。

しかし、普通に考えたらお分かりいただけると思いますが、間に会社が入るってことは、そこにお金がかかっているので、トータルの費用が高くなりやすいのです。

自動車保険の費用に関して、そんなに気にしていない方はそれでも良いと思いますけど、少しでも安い方が良い思っている方には、ネット通販型の方が一番望ましいと言えるかもしれません。

それはやっぱり損保の会社と直接契約をする形になるので、余計な費用がかからないということにつきます。
その分、費用が安いということが言えるからです。

しかし、自動車保険に関して何も分からないという状態の方は、費用に目を瞑っても代理店を間に入れた形で契約をした方が失敗が少ない可能性はあります。

一方、自分は詳しいから、1人で何でもできるという自信があるならば、ネット通販型を利用しても良いのではないでしょうか?
安くなる、ならない以前に満足のいく契約ができるか?がまず問題ですから、そこをまず優先しましょう。

参考:ネット自動車保険が安い理由|通販型・外資系が安い理由は?

ネット自動車保険が安い理由は?

通販型の自動車保険と言うと、安い料金ということが一番のメリットですね。
では、ネット通販型はどうして安くできるのでしょうか?

自動車保険だけでなく、加入している人が払った全ての料金が、補償のために支払われるのではありません。
損保会社の運営・維持費、経費など、補償のために支払われる以外に必要ないろいろな費用に使用されているのです。

例えば、これまでの代理店型の自動車保険の場合には、各支店や営業所などの店舗の維持費、営業の人件費、代理店の手数料等の経費が必要になってきます。

一方、通販型の場合には、主として販売がインターネットになるので、大幅にこのような経費を低減することができ、安い料金にすることができるのです。

損保会社によっても違いますが、同じ補償内容で代理店型から通販型に変えるのみで、料金が3割以上安くなる場合もあります。

一方、担当者が代理店型のようにアドバイスを行ってくれないので、知識がある程度ないと、正しく自分に適した保険を選ぶことが、一番の困難な点であるということが言えます。

また、主な販売ルートがインターネットになるので、インターネットが得意でない高齢者にとってはかえって不便でしょう。