自動車保険

正しい自動車保険の選び方について

自動車保険の選び方はインターネットで内容を比較してから選ぶ方法が望ましく、事故の際の補償内容や金額を考えてから選ぶことが重要です。
保険には加入が義務化されている自賠責保険がありますが、保険の適用範囲や保険で支払われる金額に制限があるために保険会社の任意保険に加入する方法が望ましいです。
保険を正しく選ぶには内容を確認してから選ぶ必要があり、月々の保険料や適用範囲などを考えて選ぶ必要があります。
自動車を運転する際には万が一の事故に備えて対策をする必要があり、任意保険に加入する方法が望ましいです。
自動車保険を正しく選ぶには自動車販売店で勧められた保険をそのまま選ぶことではなく、インターネットで自分に適した内容の保険を探してから選ぶ必要があります。
保険を正しく選ぶことは今後のドライブを快適にするためには必要なことであり、内容を比較してから自分に適した保険を探して選ぶことが大事です。
正しい自動車保険を選ぶには利用者の体験談を参考に、保険会社などで相談しながら自分に適した内容の保険を探す方法が望ましいです。
自動車を安心して運転するためには保険を正しく選ぶ必要があり、内容を確認してから正しく選ぶことが求められます。

 

 

インターネットによる通販型と従来の代理店型

自動車保険には、通販型と代理店型があります。
いざという時にために加入している自動車保険、従来からの代理店経由での契約以外に、通販型と呼ばれる、インターネットや電話経由での契約に対応したものがあるのをご存知でしょうか?
日本では、アメリカンホーム保険という外資系の保険会社が初めて通販型の取扱いを始めたのですが、インターネットの普及に伴い、ジワジワをシェアを伸ばしています。
現在の自動車保険は、年間で約3兆円の市場なのですが、その中で通販型は5.46%を占めています。
市場規模からすると、まだまだ小さなものとなっていますが、これは年々大きくなっており、それに合わせて注目を集めています。
このまま通販型がシェアを伸ばしていくと、全国の代理店網を維持できなくなる保険会社が出てきて、市場での通販型の比率が一気にアップする可能性もあります。
三井住友や東京海上といった大手損保グループが、インターネットによる通販型の取扱い会社を立ち上げているのも、そういった事を見越したうえでの事かもしれません。

 

 

ソニー損保

現在代理店型の自動車保険に加入しているなら、ダイレクト販売(通販型)の保険に入りなおすだけで、大幅に保険料が安くなります。
保険料や補償内容に関心の高いインターネットユーザーは、ダイレクト販売を高く評価しています。
従来の代理店型でないと事故の時に不安という声を聴きますが、これは単なる固定観念でしょう。
各種インターネットのアンケート結果を見ても、通販型・代理店型の違いで評価が分かれているのではなく、各保険会社の体制によって、評価が異なるのです。
現在では、通販型の自動車保険が、事故対応の満足度調査で1位を獲得する時代です。
通販型で大手と言えば、何と言ってもソニー損保です。
通販型自動車保険、売上10連続1位という事ですから、まさに通販型業界のリーダー的存在です。
ソニー損保と言えば、自動車に乗った分だけ保険料を支払うリスク細分型と呼ばれるタイプの保険で知られています。
これからは、一人一人にニーズやリスクに応じて保険内容や保険料が設定される時代になるのでしょう。

 

 

SBI損保の事故対応

我が家では、自動車保険はSBI損保の保険に加入しているのだが、 先日軽微な事故があったので、その際の対応などを書こうと思う。
我が家には車が2台あって、今回事故があったのは妻が使用している方の車だったのですが、駐車場に車を停止してドアを開けた際に、強風に煽られて、ドアがいきなり全開になりました。
その際、となりに駐車している車に、開いたドアが思いっきり接触。
相手側の車は、べっこりと凹みが出来てしまいました。
夜間ではありましたが、SBI損保に連絡。
コールセンターに電話が繋がり、初期対応を行って頂きました。
その後の交渉なのですが、事故担当者に電話が繋がるのが、9時〜18時。
24時間対応なのは、事故受付のコールセンターのみで事故対応は平日日中対応なわけです。
こちらも、相手側も会社員のため、中々交渉が進みませんでした、
これって、もうちょっと何とかならないんでしょうかね・・・
世の中の大部分の人も困ってると思うのですが・・・

 

 

保険料が本当に安い理由は

インターネットによる通販型自動車保険に人気が集まっています。
従来の代理店型に比べ、同補償内容でも3割以上保険料が安くなる場合もある通販型自動車保険ですが、なぜこんなに保険料が安いのでしょうか?
一般的に言われているのは、代理店に支払う手数料や、営業所などの店舗コスト、営業マンの人件費などが不要なため、保険料が安くなるというものです。
しかしながら、これをそのまま鵜呑みにするのは、少々無理があります。
通販型自動車保険の場合、インターネットでの販売となるため、インターネット上で見積もり、契約を行う為のシステム開発費や維持費が必要となります。
また、保険代理店や営業マンは不要ですが、テレビコマーシャルなどに膨大な費用を掛けており、一概にローコストで運営できているとは言い難いのです。
ではなぜ保険料を安くできるかと言うと、事故を起こすリスクの高い客と契約しない事で、保険支払を抑制し、保険料を引き下げているという一面もあるのです。

 

こちらでも詳しく解説しています → 自動車保険 安い

 

 

ノンフリート等級

ノンフリート等級が平成25年に改訂されるのをご存知でしょうか?
ノンフリート等級は、無事故割引を適用する為のもので、自動車任意保険に加入後、1年間事故を起こさなければ等級があがり、保険料が割り引かれます。
等級は全部で20等級あり、無事故期間が長ければ、保険料が大幅に割り引かれる仕組みです。
事故を起こして保険支払いが発生すると、等級を3段階下げられ、保険料が割引率が下がるものの、1年間無事故でいれば、また1段階づつ等級が上がって、割引率が大きくなっていくのが、今までの制度でした。
改訂後は、1度事故を起こすと、その後3年間は事故車専用の等級に変更されます。
事故車専用の等級は、割引率が通常の等級よりも低く、事故者により厳しい条件に変更されたわけです。
何度も事故を繰り返す一部のドライバーの保険支払を永年無事故で継続しているドライバーが負担するという構図が多少なりとも改善されるわけです。
今後も、損保会社はリスク計算をより細分化させ、リスクの上下で保険料に差をつける施策を継続していくのでしょうね。